テレワークの時代となり、自宅で講師・トレーナーとして活躍できるようになりました!

macbookONE VIBES News

喉の病気をきっかけにボイストレーナーとして仕事をして20年以上、
運営している教室が一気に傾いてしまいました、、、

さらに、オンライン化の波が押し寄せています。

 

  • オンラインレッスンをどう始めてよいのかわからない
  • そもそもZoomでなにができるかわからず、レッスンや仕事につかえない
  • オンラインレッスンを既に始めているがなかなか生徒さんが増えない
  • 対面の生徒さんにオンラインを勧めても思うようにいかず、断られることが多い

 

オンライン授業やレッスンでお悩みを抱えていらっしゃる塾、教室やスクールの方へ。

ここからほんの2、3分だけお時間を取ってお読みいただければ幸いです。

「始めやすいけれど辞めやすい」と言われているオンラインレッスンやセミナー そのお悩みを解消!

こんにちは。

ボイストレーニング教室を運営していますワンバイブスの木下です。

僕自身はこれまで26年間、ボイストレーナーとして仕事をしてきました。

現在でも様々な形態で「歌う」ボイトレはもちろんのこと、
「話す」「ナレーション」「オーディションや就活」「日本語教師養成講座」のボイストレーニングを教えています。

トレーナーになったきっかけから現在まで

僕がトレーナーになったきっかけは?

 

 

 

 

歌が「下手クソ♪%#!」

だったからです。

 

20代の頃、5年間、あるボーカルスクールに通っていました。
そこでは4か月に1回「制作チェック」といった歌う実技試験がありました。

一定のレベルをクリアすると、上のレベルに上がりプロモートの対象になる、といった仕組みのところでした。

周りの友達は、みんなレベルアップしていきます。
でも、いつまでたっても僕だけは・・・

飛び道具にハーモニカも使ってみました。
しかし、褒められるのはハーモニカばかりで歌の方は・・・

チクショー!!なんでだよ!

そんな悔しさから、承認欲求だけが膨らんでしまったのです。さらに

無茶をして強い声を出し過ぎた結果

 

 

喉の病気になってしまったのです。

 

コンプレックスを抱いていることこそお仕事にできる!!

この経験から、

  • 無茶をしない発声の仕方を伝えたい
  • 上手くなれずに悩んでいる人の気持ちに添いながら、良い声の出し方を見つけるお手伝いをしたい
  • 相手の本当の真の声と出会えるお手伝いをしたい

それが今の仕事をするきっかけとなった事でした。

抑え込んでいたフィルターが外れて、その人ならではの声になる。
それは、歌だけではなく、ナレーションからプレゼン、吃音の方の声まで。

そんな感動の瞬間を3000近く目の当たりにしてきました。

プロ志望の方から趣味として楽しみたい方まで・・・、
たくさんの方が「声・表現・コミュニケーション」と向き合ってくれた、その結果なのです。

あらゆる形式のレッスンを経験!そして教室運営へと舵を切ったが・・・

活動範囲は全国展開型スクールの講師、音楽専門学校、俳優養成所、声優養成所、アナウンス学校、個人レッスン、あらゆる形式のレッスンを経験させてもらえたのはラッキーでした。

そして現在は3つの教室を運営するまでになりました。

教室の運営は途中までは順調でした。
生徒さんの数はドンドン増えていったのです。

そんなある日のこと、産休を告げるスタッフがいました。
めでたい事です!

おめでとう!よかったね♪

そう 言って、休みに入ってもらったものの、代わりのスタッフがいないとレッスンは回りません。
慌てて募集をかけました。
そこで採用したトレーナーも女性でした。
女性ならではの仕事ぶりやレッスンに期待をしていたのです。

ところが、

 

彼女も続けて産休に入ってしまったのです。

 

さらに募集をかけて入ってきたトレーナー、
彼が外国人で、コミュニケーションが全くとれなかったのです。

感情的になると、相手も母語を使ってきます。

外国人トレーナー
#&’)=)●(%$KJFP+R!!
何言ってるのかわかんねーよ!!怒

僕は悩みました。

日本語教師の資格を持っているのに・・・・。若い頃、コミュニケーションの勉強もしてきたはずなのに・・・。何故上手くいかないんだろう?

 

そんな負のループに陥ってしまうと、外国人だけではなく、日本人同士でもコミュニケーションがとり難くなっていった僕でした。

情けなかったですね。

レッスンのプロではあっても人事のことやコミュニケーション、仕組みづくりに関しては全くの素人だったのです。

ただ、レッスン以外の雑務はお構いなしに増えていきます。日々の忙しさに振り回されます。豊かさを失った僕の心はストレスもマックス!

その結果、「がん」で入院手術を余儀なくされてしまったのです。4年前のことでした。

大病を経験してからの奮闘

しかし、あるきっかけから持ち直して上手くいき始めたのです。

そのきっかけとは、

 

 

 

Zoomでした!

 

zoom_logo

2年前くらいからZoomを使ったレッスンを模索していました。
ただし、一部スタッフの中にはPCスキルが苦手のためやりたがりません。

それでも僕は模索していました。

売上も少しずつ下がっていった時期でしたので何とかしたかったのです。この時期、紹介などで何とか食い繋いでいる状況だったことは否定しません。

何とかしなければ!!

と、危機感を抱いていたことは事実です。僕は、Zoomについてのいろいろな動画を見ながら試行錯誤していました。

ある時、Zoom集客のことを熱く語ってくれる方の動画を観ていたのです。

いつかそこで学びたいなあ。

ただ、その動画を観ながらやっているとZoomの使い方だけでなく
苦手な集客も何とかなりそうだと・・・
そう思えてくるのです。

もしかしたらこれをしっかり学べば
自分以外の他の人(悩んでいる人)にも
役立つかもしれません。

そのノウハウや一連のアプローチを他の人に伝えたい。
それにはまず、自分が学ばないと・・・

緊急事態宣言中に得た大きなヒント

そう思っていたた矢先のこと

コロナで緊急事態宣言!!!

しかし、この「おウチ時間」がよかったのです

★Zoom使い方・始め方!22マニュアル集

を何度も見ながらがらそのノウハウを自分なりに実践して、
オンラインレッスン運営のためのアプローチを
まとめて、体系化したところ、、、

オンライン、オフライン(対面)問わず入会率や成約率が上がったのです。

コロナ禍なので、正直昨年よりもお申し込みの総数は減っています。
減ってはいますが、ご入会の確率は昨年の倍です。

因みに今年(2020年)の5月から11月の成約(ご入会)率は

 

なんと62.5%(8人中5人ご入会)なのです!

 

さあ!次はあなたの教室、スクールの番です。

これ、いますぐ!やってみましょう!

オンライン
始めやすいけど辞めやすい

こんなことにならないよう、今回あなたにその具体的な内容やノウハウ、事例を時間の許す限りお伝えします。

 

「無料」オンライン勉強会にご招待!

通常、8200円する内容を無料で提供いたします。

こちらをクリックしてください。

タイトルとURLをコピーしました