みんなで力合わせた「阿佐谷ジャズストリート2020」

阿佐谷JAZZストリート2020タブロイド判とチラシ教室ジャーナル/キャンペーン

今年は例年とは違う中、大きな事故もなく終えることが出来ました❣️

まずは、実行委員で中心となっている方々、本当にお疲れ様でした。ギリギリまでできるかできないかを話し合い、何とか開催できたことは実行委員長を始めとして、皆様の多大な尽力の賜物と感じています。

古屋先生、上田先生に感謝

阿佐ヶ谷教会会場入口

やると決定しても会場が借りられなければどうにもできません。

特に今回、会場を貸してくださった阿佐ヶ谷教会主任牧師の古屋治雄先生、このような社会状況でも貸していただき、ありがとうございました。また、着席禁止シートを貸してくださった伝道師の上田充香子先生にも感謝いたします。

お客様が盛り上げてくれました♪

阿佐ヶ谷教会礼拝堂座席

そして阿佐ヶ谷教会に足を運んでくださったお客様。
このコロナ禍の中、本当に本当にありがとうございました。
スタッフの不手際もございましたが、検温、手指の消毒やソーシャルディスタンスへのご協力、感謝します。😊

写真は礼拝堂の客席の模様です。座席には密にならないように「着席禁止シート」を置きました。

アーティストと音響の皆様

次に、出演された

⭐️中山育子+清水絵理子トリオ
⭐️ニュー•スパニッシュ•デュオ uno
⭐️仁科愛&ラテン•カルナヴァルwith今陽子

スタッフが至らぬところもあったかと思います。
でも阿佐ヶ谷教会礼拝堂で演奏して頂いたことを嬉しく感じています。

そして、音響映像関係の皆様、仕事とはいえ、音作りへのこだわりには頭の下がる思いでした。
いつお昼を食べるんだろう?と思うくらい持ち場を離れなかったこと。
皆様がいなければ、これだけのクオリティにはなりませんでした。

最後に、阿佐ヶ谷教会担当スタッフの皆様

今年も会場責任者のOさん始めとして、皆様には、たくさん助けられました!

最強メンバー、
素敵な気配り、
先読み行動!

2日間、気づきと楽しさで一杯でした。

やはりイベントにはリハーサルはない!!

そう感じます。そう感じるからこそ、裏方としてのセッション、アドリブを行なっているようにも思えたのでした。

ありがとう!阿佐谷JAZZストリート2019
この10月(2019年)は、本当に水害の多い月でした。この度の豪雨によって被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。 豪雨と晴れといった両極端な天候の中、阿佐谷JAZZストリート2019が無事に終わりました。 今年、このイベントに関わらせていた...

正直、クラスターは心配です。でも大丈夫といった気持ちもあります。

なぜなら、

最悪のことを想定して、最高の行動をしようとしたスタッフばかりだったからです!

皆さまお互い気をつけながら過ごしましょう。今一度、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました😊

タイトルとURLをコピーしました