ボイトレジム

ボイストレーニングルーム
ボイトレジムの記事内容♪
ボイトレを行なうにあたって必要な情報をまとめました。

ボイストレーニング 2つの柱とは

声を伸ばす 土台→呼吸器→発声器→調音、構音器のこと
声を整える ケア、メンテナンス、体調管理などのこと

ボイストレーニング 8つの項目とは

①身体づかい
②リズム
③呼吸法
④発声
⑤音域(声域)
⑥音程→コーラス
⑦発音、滑舌
⑧フレージング(ボーカルテクニック)

良い声を出すためのスキルアップ、テクニックなど、ボイトレと直結した内容となっております。

ボイトレジム

そのアウトプットの仕方は歌に直接結びつくやり方なのか?(第10回目)

「自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第10回目)」です。 前回、自主練や自己練をやっていく中でボイストレーニングとボーカルトレーニングとの関係をお話しました。 今回はその続編になります。 歌に関係してくるのは、トップダウン型のボイストレーニングか、ボーカルトレーニン...
ボイトレジム

ボイストレーニング公開動画2018年版

ボイトレの大まかな概要が分かる基礎のキソ動画 ボイストレーニングとその世界2018年動画 2018年に公開した動画ではありますが、ボイストレーニングの基本を押さえた動画となっておりますので、是非ご覧いただけたらと思います。 ボイストレーニングとその世界 第1回 知っておきたいボイ...
ボイトレジム

その発声練習は歌に直接結びつくやり方なのか?(第9回目)

せっかくやっているボイストレーニングを活かすためには、この意味範囲を ①ボトムアップとして捉えるのか? ②トップダウンとしてとらえるのか? ③ボイストレーニングとボーカルトレーニングをほぼ同じ意味としてとらえるのか? によって変わってきます。
ボイトレジム

自主練、自己練を動画でやるときココに気をつけよう(第8回目)

「自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために」のシリーズが、後半戦に突入いたしました。後半戦は初級者でも中級に差し掛かるレベル、中級者が行なう自主練、自己練についてみなさんとシェアしたり考えたりしていこう。こんな流れになっております。 お時間のある方、どうぞお付き合いください。 今回は...
ボイトレジム

自主練、自己練動画~初級範囲~(第7回目)

ボイトレや歌い方の動画には素晴らしいものが数多くありますね。ただしその殆どが「レクチャー型動画」で「インプット寄り」です。 今回「ワンバイブス-パフォーマンス活声課®」が提供する動画は、言語教育で使われているリキャストの手法を採用してみました。
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第6回目)

今回の内容としては、第5回目の続きになります。 あなたは発声練習のメニューをどのようにして自主練、自己練に組み込んでいますか? 自主練、自己練の習慣化。これが出来ているかいないかで自主練、自己練をやった時の伸び方がまるで違ってきます。PDCAのサイクルのようにしっかり回せればいいんですけどね...
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第5回目)

今回は、発声練習(及びその前段階での)の自主練、自己練についてのお話です。 ボイストレーニングの練習の中で、良く知られているものは リップロール(リップトリルとも) タングトリル ドッグブレス(息を吐くだけではなく、実際に発声しているメニューもこのように言われる場合がある) こ...
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第4回目)

自主練、個人練の中で一番「つまらない」と感じる項目は呼吸の練習だと聞いたことがあります。 でも、あなたが習慣化することができれば、何処にいても自主練、個人練が出来てしまう。それが呼吸の練習ともいえるでしょう。ある意味一番地味な部分を楽しさに変えることのできる練習。それがこの呼吸の練習です。 ...
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第3回目)

自主練・自己練に必要なグッズの用意と設計が出来てきたらいよいよ Let's try! とはいっても、いきなり発声するのはよくありませんよね。スポーツするにも準備運動があるように、ボイトレの自主練、自己練にも準備があるのです。 今回は、ストレッチからフォームまでの範囲を見ていくことにしましょ...
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第2回目)

自主練・自己練は、いきなり思い立ってやろうとしても、効果は半減どころかほとんどないかもしれません。自主練・自己練をやる前にあなたなりの目標をみつけ設計をしなくてはなりません。でないとコミットできませ~ん(笑) 今回は、自主練・自己練設計のやり方のアプローチをお伝えします。参考にしていただき、取...
ボイトレジム

レッスンの曲が決まらずに悩んでいるあなたへ

歌のレッスンをやっているとボイストレーニングだけでなく、課題曲を出して歌ってもらったり、生徒さんから歌いたい課題曲を持ってきてもらって歌うこと、ありますよね。この「課題曲」をレッスンの中でどのように決めていったらよいのでしょうか?
ボイトレジム

自主練、自己練の地味な部分を楽しさに変えるために(第1回目)

あなたは、ボイストレーニングの自主練や自己練をどのようにやっていますか? イザ、練習! と思って取り組もうとしてみても、どこからどうやればよいのか?意外と素朴な疑問も沸いてきて ??? となることもあるかもしれませんね。 楽器の練...
ボイトレジム

やったらキケンな?ボーカルの練習方法

やってはいけないボーカルの練習方法はいくつか挙げられます。例えば ウォッカやウィスキーをロックの状態で飲みながらロックを歌うw ➡やってみると分かりますが、翌日は大変なことに・・・・。あ、絶対やらないで! タバコを吸いながら歌う ➡ふた昔前は、それがミュージシャンのスタイルといってい...
ボイトレジム

鼻濁音に思いを馳せて・・・?

このタイトルの使い方が合っているかどうかは、日本語教育と声に携わる端くれとしていささか疑問が残りますが、それはそれとして・・・。 今回は、鼻濁音びだくおんについてです。鼻濁音に関しましては、ボーカル、ナレーター、声優志望問わず、若い人たちの方が出来ないといわれています。 分野別でいうと、...
ボイトレジム

続けているからこそわかる感覚

ボイストレーニングのレッスンも楽器のレッスンもそれぞれの自主練や個人練も、続けているからこそ分かってくることがあります。当然続けていないと分からないことなのですが、始めてしばらく続けてみると、だんだんと分かり始めてくることがあります。 それは、 あなた自身の基準を設定したくなることです。...
ボイトレジム

日本語と音楽のリズム

今回は日本語のリズムと音楽のリズムについてお話しましょう。 メロディが難しい曲の場合あなたはどのようにしていますか?ひとつひとつメロディをとることも大切ですが、まず分けて考えてみましょう。 リズムを考える:まずタイミング、長さ短さを感じながら合わせていく 音程を考える:インター...
ボイトレジム

ボイトレ8つのアプローチ(第三段階)

こんにちは。今回も訪れて頂きありがとうございます。前回は、 ボイトレ8つのアプローチ(第二段階)ということで、 発声、響き 音程 以上の内容をお届けしました。 これら2項目はボイストレーニングの中核をなす項目で、 「ボイトレ」といったら、正...
タイトルとURLをコピーしました