明快!パフォーマンス

Live_performance

明快!パフォーマンスの記事内容♪
ライブ活動を行なうにあたって誰もが疑問に思う点。特にライブ初心者の方にとっては、リハーサルスタジオのブッキングもライブのことも、「見て」「友達や先輩ミュージシャンから訊いて」「お店の人から教えてもらい」、それで「経験を積んで」覚えていくことが多いのではないでしょうか?

このカテゴリーでは、

ブッキング
ライブの種類(オープンマイク、セッション含む)
ライブのための準備

音楽関係のパフォーマンス
✔リハーサルスタジオの使い方
✔ステージング、パフォーマンス
✔レコーディング時のパフォーマンス

音楽以外のパフォーマンス
✔司会、ナレーション
✔お芝居、役
✔プレゼン、オーディション、就活

3分野から見た業界の事情
トレーナーや講師業について など

業界のウラ話のような要素も盛り込んで書いていきます。

ライブだけではなく、広い意味でのパフォーマンス(どんな気持ちで何をやるのか)と言う事にフォーカスをあてていきます。

皆さんにとって興味深い情報を提供できるようにする予定です。

明快!パフォーマンス

気をつけている意識したい考え方

ここ最近、初心に立ち返って考え直していることがあります。先生といわれている人だって完璧ではありません。だからこそ習得や自己練習は欠かせないものだと思っています。 僕はまだまだ未完成です。人は生きている間は完璧ではないと思っています。自分自身やっとこのレベルにまで到達できたか!といった気持ちの方...
明快!パフォーマンス

セッションについて思うこと

今回は、セッションについて室長がどのように感じているかをお伝えします。 セッションはホールクラスで行なわれるのではなく、30名から、多くてもキャパ100~200名位のハコを想定したライブ形態となっています。室長は実際に100名も人がいる中でセッションを行なったことはありません。ライブはあります...
明快!パフォーマンス

ボイストレーニングをやって得られるモノ

あなたがボイストレーニングを習う目的は何でしょう?ボイストレーニングをやって得たいモノは何でしょう? マーケティングの世界ではベネフィットと呼ばれていますが、今回の内容はマーケティングのお勉強ではありません。 習っているあなたは、今一度考えてみるのもステップアップのための良いきっかけとな...
明快!パフォーマンス

人前で歌ったり演奏したりすることについて

こんにちは。今日は人前で歌ったり演奏したりすることについて、見ていくことにしましょう。今回は、ボイストレーニング教室やスクールで行なわれているライブについて書いていきます。 歌う、表現するパフォーマンスを考えるひとつのきっかけとなれば幸いです。 ボイトレスクールや教室で行なえる生徒さんのためのライ...
ボイトレジム

YouTuberの声

YouTuberとして活躍されている方は年々増えてきています。ワンバイブスの生徒さんの中でも、YouTuberとしてお仕事をされている方が何人かいます。 彼ら彼女らが、声に悩みがあり改善したい。だからボイストレーニングを習っているし、習いたい。こう考えるYouTuberの方は潜在的に多そうだよ...
明快!パフォーマンス

パフォーマンスを妨げるパフォーマンス

今回の記事は、メインカテゴリーが「明快!パフォーマンス」となりますが、言語行動を考えてみた場合、「納得!伝えることばの心得帳」の分野も被ることを前提にお話を進めてゆきます。 何度も出しているパフォーマンスの公式 健康な身体が土台にあって、どんな気持ちで何をやるか どれがひとつが欠け...
明快!パフォーマンス

ボーカルのパフォーマンス研究

あざみ野教室に通われている生徒さんの中で、80年代ロックが大好きな人がいます。以前、阿佐ヶ谷教室在籍の生徒さんも交えて、一緒に「Journeyトリビュートバンド」のライブ(プロが演奏)を楽しんだほどです。 今回の記事は、あざみ野教室の生徒さんに書いてもらいました。 実は、 ...
明快!パフォーマンス

「歌うこと」を改めて考えてみると

パフォーマンスシリーズの記事が続きます。最近はパフォーマンスにセルフ・プロデュース、セルフ・マーケティングを絡めた記事だったんですが、音楽表現のパフォーマンスに戻りましょう。笑 今回は、パフォーマンスと連想しやすい、歌うパフォーマンス、ボーカリストのパフォーマンスに焦点を当てました。 パ...
明快!パフォーマンス

今からの「教える」に必要なものは何か?

前回は、「教える」を「パフォーマンス」しましょう!といった内容をお届けしました。今回は、今からの「教える」に必要なものは何か?について採り上げていきます。この記事も生徒さんに書いてもらい、推敲、校正を一緒に行ないました。 今回採り上げる、その必要なものとは、室長にとって一番苦手な分野のものです...
明快!パフォーマンス

「教える」を「パフォーマンス」しましょう!

今回から数回にわたりお届けする「パフォーマンス」の記事は、当教室の生徒さんに執筆してもらいました。それをお届けいたします。(いやぁ、素晴らしい文章力) この生徒さんは、「書く」ことに加えたもう一つの算出能力、「話す」こととのバランスを考えて、「伝える声力アップコース」で学んでいます。 さ...
明快!パフォーマンス

パフォーマンスを上げてゆくための方略

パフォーマンスを上げてゆくための方略、方法というものはあるんでしょうか? はい。あります。 今回は、それをお届けいたしましょう。それは、レッスンの受け方にあるのです。レッスンにはいろんな形態がありますが、そのメリットを理解しながら受けるのです。 なお、今回の記事の内容はカテ...
明快!パフォーマンス

パフォーマンスに求められるモノは?

あなたがパフォーマンスに求めるものは何ですか? また、現場でディレクターやプロデューサーがアーティストに求めてくるものは何でしょうか?当然、現場によって、、求めてくる人の知識やレベルによって、仕事のクオリティによって異なってきます。 そもそも、パフォーマンスとは何のことで、どんな分野に使...
明快!パフォーマンス

アドリブについて思うこと

皆さんは、ライブを観た時に、楽器のプレイヤーが譜面を見ずに自由に演奏している姿を見たことはありますか? こういった演奏のスタイルはジャズやソウルミュージック、60年代~70年代初期のロックでも行なわれていました。楽器プレイヤーだけでなく、ボーカリストも楽器と掛け合ってかっこよく決めていました。...
明快!パフォーマンス

疲れない?ボイストレーニング

よく、ボーカリストや役者、表現者は「身体が楽器だ」と言われますよね。 では、身体が楽器とはどういうことでしょうか?あなたが楽器としての身体を使って表現するとき、普通におしゃべりしている時とどこがどう違うのでしょうか? また、ライブや公演、発表会当日に体調が悪くなってしまった場合(インフル...
明快!パフォーマンス

生きていたら、もう一度ナマで観たい外国人アーティスト

こんにちは。今回は、今はもうこの世にいらっしゃらない方々で、もう一度、生でライブを観たい外国人アーティスト(ミュージシャン)上位5位までをお届けします。 実はこの内容も、某テレビ局のとあるコーナーで知りました。しかしながら、この結果に対して納得のいかない自分がどこかにいます! 洋楽を聴い...
明快!パフォーマンス

声と非言語コミュニケーション

コミュニケーションを考えた場合、他の人たちとの交流の振る舞い全般を表すとしたら、当然声だけではなく、その周りにある情報、相手の反応、自分の考えや感情、ボディランゲージなどにも目が向きます。 今回は、「声と非言語コミュニケーション」というタイトルで書こうとしたのには、改めてあなたと考えたいことが...
明快!パフォーマンス

昼間限定キャンペーンをやって次に思うこと

10月より始まった 『昼間限定 体験レッスンキャンペーン』は今度の日曜日、11月11日を以って一端終了と致します! 期間限定のキャンペーンということでのお申し込み、ありがとうございました。<m(__)m> この期間限定は、折に触れて行なおうかと思いますが、、、 ...
明快!パフォーマンス

とっさの時に思い出したい3つの秘術とは?

突然ですが、あなたは プロンプト という用語をご存知でしょうか? 今回は、まずプロンプトとは何? から入り、次にとっさの時に対応できるプロンプ術の磨き方・・・ これをあなたと一緒に考えていきましょう。 【プロンプト(prompt)とは】 英語です。元とな...
明快!パフォーマンス

ワンバイブス「カラオケ」ライブ2018

先日、9月29日の土曜日、台風24号が迫りくる中、ワンバイブスカラオケ大会が行われました。 名付けて、「ワンバイブス カラオケDEライブ」! 当日は、体調不良で2名の欠席者が出てしまったことは残念でした。しかし、参加募集をかけたところ、キャンセル待ちが発生するという状態でした。 場...
明快!パフォーマンス

アウトプットまでのあなたのタイプは?

あなたの周りの友人知人の中で、練習や勉強を一生懸命にやって、本番に望んでいる人はいませんか?または、あまり練習や勉強をやっているようには思えないんだけれど、本番で物凄く力を発揮するタイプの人? あなた自身はどうでしょう? 一生懸命練習したのに、本番で悔しい思いをしたり、練習の成果が本番で...
明快!パフォーマンス

パフォーマンス-肉体を媒介にして表現するとは?

パフォーマンス・シリーズの第3回目です。 今回は、 身体にどれだけ覚えこませるのか? そして何をするのか? といった面から深掘りしていきましょう。 ▼前回と前々回の内容はこちら なりたい自分を見つけ出す♪ 前回の「気持ちの面から視るパフォーマンス...
タイトルとURLをコピーしました