対面レッスン時におけるマスク着用について

マスク着用緩和教室ジャーナル/キャンペーン

いつもワンバイブス・パフォーマンス活声課®をご利用いただきありがとうございます。

今回は対面レッスン時におけるマスクの着用についてです。この件についてワンバイブスの方針を述べていきます。

この内容は在籍生徒さんの中で対面でレッスンを行う生徒さんに向けた内容です。さらに対面で体験レッスンを受講したい人へ向けた内容ともなっております。

マスク着用について政府の新方針におけるワンバイブスの対応について

このコロナ禍、もはやマスク着用が日常になっている現状です。先日(2022年5月20日)、政府から「マスク着用」について新方針の発表がありましたね。

ワンバイブスでは、次のような方針を取ります。

ワンバイブスの方針

まず、不織布のマスクをつけて教室に来てください。

続いて、教室入室時とりあえず、これまでどおり手洗い、手指消毒を行っていただきます。
一方、小学生までのレッスン時状況によりマスクを外しても可。その際、ラップで覆っている姿見(鏡)に向かって発声練習や歌いましょう。
他方で、中学生以上のレッスン時では基本的にマスク着用でレッスンに臨んでください。
最後に、退出前手指消毒をして退出願います。

これまでのワンバイブスの感染防止対策

ワンバイブスの感染防止対策
変異ウイルス拡大の懸念もある中、2度目の緊急事態宣言が2021年3月21日に解除されました。ボイストレーニング教室ワンバイブスとしましては、出来る限りのリバウンドを防ぐべく措置をとってまいります。感染対策は、緊急事態宣言中と同じやり方を行なっていきます。 ご理解の程、よろしくお願いいたします ...

ルールはお互いに守っていれば

もし、異論がある場合は遠慮なくご提案ください。

実は室長、ある方が仰った「ひと言」に影響を受け、その考え方に添ってお伝えします。

男性トレーナー
偉い先生

お互いに守っていて、楽しく豊かな気持ちになれるのが規約やルール。

というのは、お互いのwin-winを考えてのことだからです。

ルールは「必ず守るもの」

このように考えてしまうと、守る側が下の立場、守らせる側が上の立場になってしまいます。
または、

ルールは、規約の間をとおり抜けて「破るもの」。

こう考える人もいるでしょう。

もっとも、上の言い方を別の言い方にすると、

だから、規約やルールは改定できる。

このようにも解釈することが出来ます。

つまり、対等の立場でお互いに気持ちよくレッスンできるようにしたい。室長はこのように望んでいる。そのため上記のような表現の仕方になりました。

以上、皆さんでよりよい環境を作っていきましょう。よろしくお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました