次世代型のパフォーマンスを助けるコース(予告編)

course_online_bn

ワンバイブスでは、教える職業の方々の為に、あなたの持っているリソースと、ボイストレーニングとを結びつけた画期的なコースを立ち上げます。

教えるという職業を通じて考えることとは何でしょう?

教えていることは専門的なことであっても、それをそのまま受講生や学生さん、生徒さんに伝えたところで、相手に伝わらないことは承知の方も多いと思います。

自分の専門のことだから、それを分かりやすく伝えるにはどうすればよいのか?悩んでいる方も多いでしょう。

教える職業の人に特化した 次世代型パフォーマンスコース

もし、あなたが現在教える仕事をしている上で悩んでいたり、これから教える仕事をしてみたいんだけど、何からどこから手を付けてよいのか分からない!

そう思うのなら

まず、あなたのパフォーマンスに目を向けてください。

パフォーマンスとは、健康な体が土台となって、どんな気持ちで何をやるか?ということです。それは歌うことでも。楽器を演奏することでも、プレゼンでも、就活でも、そして何かを教えていくことでも、すべてのことに当てはまります。

このパフォーマンスに着目した時、ワンバイブスは新たなコースを立ち上げるべく1年半前から準備を重ねてまいりました。このコースの名前は「次世代型パフォーマンスコース」と名付けました(仮)平成から令和に元号が移るタイミングでやっと誕生です。

いったいどんなコースなのでしょう?

あなたの「得意!」を最高のパフォーマンスで教えることができるコース

group_kojin

対象は教えている人、職業として教えてみたい人。こんな方々が対象です。

  • トレーナー
  • インストラクター
  • 講師
  • 先生と呼ばれている人(士業など)

こんな方々に対して、オフラインオンラインを使って行なうコースなのです。

▼関連記事はこちら

ボイストレーニングのレッスンを動画でも
ワンバイブスでは、動画でボイストレーニングのレッスンが出来るように準備中です(一部の項目については可能です)。YouTubeで「ボイトレ高い声/○○○歌い方」などと検索すると、ズラズラとでてきますよね。 ここではいきなりみなさんに 配信します。 ダウンロードしてください。 ...

4つの柱を軸に影響力のあるパフォーマンスを!

ボイトレは習ったんだけど実践で役立てていない。歌う場合には、前よりもうまく歌うことができれば、上達しているといった実感が得られるでしょう。ところが、話すボイトレの場合、評価が分かれるところです。

本当の意味で声を使って伝えていくとはどういった事なのか?

それをどこよりも理解しやすく、一人一人の状況に応じて消化できるように設計しました。細かく練られたシラバスとカリキュラム。もちろん、ワンバイブスが軸とする自由度は健在です!

たった半年で、あなたが選んだリソースをアレンジできる!それを教えるレベルにまで引き上げていきます。

これには4つの段階があります。

第1段階
始めに、あなたのリソースを見つけていきます。行動のパターンやどんな感覚を持っているのかをヒアリングしながらの作業です。自分の心と向かい合わないことには声も出ませんし、表現力も培われません。パフォーマンス力アップなど望めるわけないのです。

第2段階
続いて、あなたのパフォーマンスを伸ばしてゆくための土台となる3つの術に着目しましょう。3つの術とは何でしょうか?それは、毎日のあなたの習慣に着目するところから始まります。PDCAのサイクルを回すという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、関連性は大きいです。

第3段階
さらに軸となるのがボイストレーニング。あなたの声の力を伸ばしていきます。パフォーンマンスの軸はあなたの声力と周りの環境にあるからです。ただの話し言葉ボイストレーニングではありませんのでご期待ください。

第4段階
そして、4つ目。講師・インストラクター・トレーナーとしての魅力と影響力を磨いていく為の実践編です。「教え伝える」ことに特化した一歩先をいくシラバスとカリキュラムの構成となっています。アドリブやインプロも採り入れながらの実践は、正に「アウトプット能力育成レッスン」となるのです。

 

これら4ステップを踏みながら、オンラインとオフラインを使ってあなたの声力、パフォーマンス力を高めていきます。

体験レッスンは3回分を予定

もちろん、体験説明会→レッスンの流れで入っていきます。1回だと分かりにくいため、3回分の体験パックをご用意!

この3回でコースの概要、あなたのリソースを見つけて教えることの楽しさ、そして、素晴らしさの入り口を見つけていただけると嬉しいです。


タイトルとURLをコピーしました