声が悪くても話し方で伝わるって本当?!

メガホン持って歩いているボイトレジム

話し方に関する本は、これまでに何十冊も出ています。にもかかわらず何故言った言わないのコミュニケーションが改善されないのでしょう?

それはたぶん本を読んだ時にはその気になっていても、本に書かかれてあることを直ぐに忘れてしまうからだと判断します。YouTube動画でも毎日観ながらやることは何人の人が出来ているのでしょう?三日坊主で忘れてしまう場合もあります。また情報が多すぎて何から手を付けて良いのか、頭の中で処理できないことも関係してきます。

先日、そんな方たちの9割が同じ傾向にあることを発見しました。今回、その傾向と対策をまとめてみました。話し声、話し方にお悩みがある人は是非最後まで読んでください。

声と話し方は両輪をバランスよく

今回の内容をひと言で言い表すとこのようになります。

ビッグボス新庄剛志 です!

あ、ふざけているわけではなく、彼の話す声と雰囲気を感じ取ってください。そこには聞き手を惹きつける魅力があるのです。

つまり新庄さんの中で、声と話し方の両輪がバランスを保ちながら振舞えているということなのです。

ボイストレーナーが言うのだから間違いありません。

そもそも話し方の定義って何?

よく「話し方、伝え方が大切だ!」と言われていますが、そもそも話し方とは何でしょう?以前の記事で、「声で伝える四天王」、理想の声を見つけて真似をする「シャドウイング」のトレーニングを紹介した時に、次の4人の人を挙げました。

  • 高田明さん
  • 池上彰さん
  • 林修先生
  • 小泉進次郎さん(父親、純一郎さんも含む)
男性トレーナー
トレーナー

ビッグボス・新庄さんもこの中に入る!

僕はそう確信しました。独自の言葉のリズムがあって引き込まれるのですよ。

▼「声で伝える四天王」プレゼン前3分でできる

【プレゼン前3分でできる】オンライン会議の話し方を改善!ボイストレーニング3選
テレワークで働く方が増え、オンラインでプレゼンを行う方も多いのではないでしょうか。 その際、気になるのは相手の反応。 こんな経験はありませんか? 声が通らなくて、自分の発言が流された。 滑舌が悪くて聞き返された。 ...

▼ 「声で伝える四天王」5つのタイプで分かるスピーチ上手な声

5つのタイプで分かるスピーチ上手な声
衆議院の解散、総選挙戦がスタートしています。(2017年10月時点) 各候補者の演説する声を耳にする今日この頃です。 候補者の方々は、小雨の降る肌寒い中、頑張っていらっしゃいますが、正直、耳障りだなあと感じる時もあります。 今回は、政治家だけではなくニュースキャスター、社長、タレン...

話し方の良し悪しは、聞き手の好き嫌いによるところが大きいと判断します。

ですが僕は上に挙げた方たちは、男性の中でもパラ言語情報を上手く操って伝えている言葉のリズムがその人の個性となっている。音声の分野で言うとプロソディ(韻律)を上手く使いながら話していると感じています。つまり、話し方とはパラ言語情報、プロソディ(韻律)のことも含まれるのです。

声が良けりゃあイイなんて思うなよ!
いささか、アグレッシブで挑発的なタイトルをお許しください。m(_ _)m これには訳があるのです。 実は、ここ1週間で同じような振る舞いを2回もされたからです。それも同じ人からではなく、全く別の人からです・・・。 主張をすることはとても大切だと思います。でも、どこかの国の国会運営のよう...
声と非言語コミュニケーション
コミュニケーションを考えた場合、他の人たちとの交流の振る舞い全般を表すとしたら、当然声だけではなく、その周りにある情報、相手の反応、自分の考えや感情、ボディランゲージなどにも目が向きます。 今回は、「声と非言語コミュニケーション」というタイトルで書こうとしたのには、改めてあなたと考えたいことが...

話し方についてはいろんな立場の人がいろんなことを伝えていますが、僕は生徒さんに対して「3つあるよ」と伝えています。

アウトプットのためのインプット

その1はアウトプットのためのインプットです。主に頭の中で準備が必要なことです。話の整理をしたり、起承転結で文を書いたりします。どんな整理の仕方が良いのか?

「一件二結三具体性」と言われている展開の仕方、論理的に話したり伝えたりするためのPRIP法アンビシャス・ターゲット・ツリー構造での論理の整理、大リーグの大谷翔平君がやっている9マスシート(マンダラ・シート)などです。

アウトプットそのもの

その2はアウトプットそのものです。これには主に身体、声の訓練が必要となります。はい。ボイストレーニングそのものですね。

土台となってくる必要なこと→身体作りから息の送り出しの段階→
息の送り出しから声が響くまでの段階→声を加工して音のことばに変わる段階

これらのステップを踏んで良い声を獲得して/習得して/身につけて/手に入れて/思い出していきます。(どの言い方が一番しっくりきましたか?)

アウトプットは出せればよいというものではありません。いつでも出せるようにしておかないとならないのです。さらに状況や場面に応じた適材適所に出せる力があってこそのアウトプットなのですよ。

フィードバック

そして気づきです。日本人はここが一番疎かになっていると言っても過言ではありません。何故なら、自分自身の声を聴いて判断することを極端に嫌うからです。何でも日本人の8割が自分の声が嫌いという事実があるそうです。なのでフィードバックをしたくない。

マイクを買う前にやっておくべき「ひとつ」のこと
最近では世の中の状況や宅録ブームも反映してか、 カラオケ好きなあなた ミュージシャン ナレーター アナウンサー ユーチューバー ライブ配信をしている起業家 オンライン講師 など、たくさんの人がマイクを持ちたい。マイ・マイクを探している。そんな人が多...

そんな方には「自分の声を観てみましょう」とお勧めしています。

歌のレベルアップをしたいのならやるべきことはコレ
以前の記事で、「レベルアップしたいボーカリストが必ずやっていること」を(その1)から(その3)に分けてお届けしました。 楽器に興味関心を持ってやり始めてみること(その1) 対照曲に目を向けていること(その2) 歌う行為の背景にあるものを理解し、自分の声を聴いたり、課題曲(オリジ...

フィードバックをするにあたって考えることは「協調の原理」。これを知っているといろんな気づきが得られます。

協調の原理について

ボイトレでしっかりと声を出しても伝わらない?!
前回は、話ことばボイトレとイントネーション、特に意味のまとまりはひとつのイントネーションの山を中心して進めました。 ここで前回出した宿題の答え合わせを・・・(笑) 宿題 ●室長は赤信号を無視して走ってきたバイクにひかれそうになった! これはですね。区切り方を間...

話し方がしっかりしていれば悪い声でも引き上げられて良くなる

今回のまとめです。

パラ言語情報を上手く操ることが出来れば、声そのものが嫌いでも引き上げられていきます。

パラ言語とは周辺言語ともいい、声の音色、テンポ(スピード)、間、沈黙、大小などのノンバーバルコミュニケーションです。

それらをまとめて簡単に言うと、言葉のリズムが土台にあります。人によっては「波長」という人もいますが同じことです。「言葉のリズム、波長」はそれを体の中に落とし込んでいつでも出せる引出を作っておくことが重要なのです。

声そのものは悪声、しかし聴衆をひきつけてやまなかった政治家

ボイストレーニングでどんな声を望みますか?
あなたは、どのような声になりたいと願ってボイストレーニングを受けようと思いますか? どんな声になりたいですか?理想の声は? 太い声 魅力ある声 惹かれる声 味のある声 キレイな声 心地よい声 オイシイ声 響きのある声 気力のある声 ...

お申し込みはこちらのお申し込みフォームからが便利です。
お電話でも受け付けております。

阿佐ヶ谷教室窓口電話番号
pf-taiken3_bunner
pf-taiken3_bunner

タイトルとURLをコピーしました