ボイトレ用語の基礎知識(4回目)

mic_catch_160526ボイトレジム

久しぶりに「紛らわしいぞシリーズ」をお届けいたしましょう。皆さんは、発声発音調音の違いはお分かりでしょうか?

声を発して調整する?

音を発して調節する?

今回は、発声発音の違い、発音調音の違いということで書いていきましょう。

読者の皆さん
発声?発音?滑舌?似たような単語でわけわかんなくなっちゃいますよ

 

男性トレーナー
担当トレーナー

はい。では、ひとつずつ見ていくことにしましょう。

声を発するのか?音を発するのか?

これはまず、言語音かどうか?ということに関わってくるでしょう。

次のようにまとめられると思います。

音声言語音
非言語音
非音声反射音
物理音

その上で、違いに入りましょう。一見、ただの対照になってしまい無味乾燥で申し訳ないすが、少しの間お付き合いください。

発声と発音の違い

第一に、発声は発声器官を使って声を出すことです。まず、肺から気流が気管をとおって流れます。次に喉頭をとおるときに喉頭原音が出来ます。これが声帯に働きかけて発声となるのです。そしてそこには表情音と言われている咳払いや舌打ちも入ります。さらに、モノマネなどの遊戯音も入ります。

表情音と遊戯音は非言語音の分類です。また、泣き声は非音声の反射音の分類です。

それに対して発音とは、発声器官で加工された言語音を出すこと。また、その出し方のことです。


phonation/vocalization
発声、音声(言語音、非言語音)や非音声(反射音)を発する。

project one’s voice
自らの考えを打ち出す、発声する(project=離れたところに声を届かせる)

pronunciation
発音、特に言語音を出すこと。ある単語や言語、ある人が発声される方式。

 

発音と調音は違う?

では、発音調音の違いは何でしょうか?


articulation
分節。明瞭な発音、明確な表現。「調音」や「滑舌」にいちばん近い単語がこれでしょうか。
一方で音楽の演奏において、各音の切り方、あるいは次の音との続け方のこと。演奏上、フレーズ内部の分節を明確にする表現手段として重要。レガート・テヌート・スタッカートなど。

point of articulation/place of articulation
調音点、調音部位。口の中でどこが妨げられるかといった子音を作る部分、場所。
調音(articulation)の下位区分。

manner of articulation
調音法≒調音様式。妨げられている音をどう発音するかといった子音の種類。
調音(articulation)の下位区分。

articulation style
調音様式≒調音法。調音(articulation)の下位区分。


diction
他方、言語の世界では言葉づかい、語法,言い回し。発声法話し方という意味も。
語源は、ラテン語「言うこと」の意味。

phraseology
言い回し 、用語、表現法、言葉遣い、言語の使用法といった意味。


よく「調音とは個々の音をはっきり発音すること」だといわれているんですが、どうもそれが全てだとは言えないようです。

規範的なのが発音?

特に、発声(特に声の響かせ方)と発音との間には、切っても切れない関係があると思っています。発声も発音も体の使い方が根っこにあるからです。

その上で、発音と調音は違うという立場をとっています。

次回は、まず話し言葉の場合、歌の場合。さらに外国語の音の場合に分けて伝えていきます。


 

▼ボイトレ用語の基礎知識(1回目)

ボイトレ用語の基礎知識(1回目)
みなさんは、言葉や用語を覚えたつもりでも、実は違っていたのを後から知った。 また、 このように覚えたんだけど、それでよいのかどうか?今さら人に訊けないww なんてことは、ありませんか? ボイストレーニングをやっていても、必ず出くわす場面なんです。 ...

▼ボイトレ用語の基礎知識(2回目)

ボイトレ用語の基礎知識(2回目)
前回は、「ボイトレ用語の基礎知識(1回目)」ということで以下のようなことを学びました。 発声について 気流の起こしから喉頭原音まで 発声用語を間違えて体感 イメージと身体の使い方がチグハグ 出来ているつもり症候群 ▼前回の記事はこち...

▼ボイトレ用語の基礎知識(3回目)

ボイトレ用語の基礎知識(3回目)
前回は、「ボイトレ用語の基礎知識(2回目)」ということで ✔ 喉を開く、喉を開ける ✔ 声帯を閉じる といった、相反する意味合いのことを勘違いせずにどう解釈して体感するか?といったことを書きました。 ▼こちらを参考にしてください(2回目) ▼1回目はこちら ...

 

タイトルとURLをコピーしました