歌で音を外さないために注意すること

pronunciateandpitchボイトレジム

歌っている時に音を外さないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

もちろん、課題曲によって異なってきます。ここでは共通することを挙げてみたいと考えています。

なお、今回の記事を読み進める前に、以下の記事を読んでから入ると理解しやすいので、参考にしてください。

今回は「歌で音を外さないための心得とは?」の続編になります。

歌で音を外さないための心得とは?
今回は、実際の曲を歌っているときに音を外さないようにするためには、何に気づいてどうすればよいか?ということを紹介していきます。 特に歌っているときにこの部分はどうしても音程が不安定になってしまう 音程を気にしすぎると、気持ちを込めて歌えなかったり・・・ 逆に気持ちを込めて歌おうとす...

基礎的な部分はこちらを参考にしてください。

音痴という名の厄介なヤツ
「音痴」だと思い込んでいるあなたへ♪ 「音痴」だと思い込んでいる人は多いようです。「音痴」といっても、発声面、気持ちの問題などがあります。体験レッスンでは、あなたがどういうタイプなのか?お話を伺いながら判断をしていきます。 不安になる前にこのページをよく読んでヒントをつかんでくださいね。 ...

外しやすいインターバル♪

インターバルとは、音と音との隔たり、間隔のことです。音楽用語の中でもコード理論として使う場合は、2つの音の高さの差を度数(ディグリー)と呼んだりもします。全て音程という意味合いが絡んでくるため、音楽理論は難しい、ややこしいと思われてしまうんですね。

音程の使い方の例

4度のインターバルはピッチがとり難い などといいます。

ピッチを外しやすいインターバルは、ほぼ決まっているんです。

ボイトレで外しやすいメロをチェック

1_Ⅰ-Ⅲ-Ⅴ-Ⅷ-Ⅴ-Ⅲ-Ⅰ度の流れはやはり基本

これは度数をローマ数字で表しています。つまり

ド(ルート音)-ミ-ソ-ド(オクターブ上)-ソ-ミ-ド(ルートに戻る)

は基本なのです。

それを踏まえて、ミと半音下げると

Ⅰ-♭Ⅲ-Ⅴ-Ⅷ-Ⅴ-♭Ⅲ-Ⅰ度にすると、マイナーになりますよね。

メジャーとマイナーの違いをしっかりと体感しておきましょう。

 

2_下るメロディ

まず確実に言えることは、上るメロディよりも、下るメロディの方が外しやすい傾向にあります。もちろんしっかりとした発声が出来ていないと、上るメロディは上がりきらずに♭してしまいますが・・・。

逆に言うと、上がるメロディは意識しやすいため、イメージと体の使い方の練習次第ででピッチを外さずにすみます。

ところが、メロディが下る時、安心してしまうのでしょうか?2→1(レ→ド)、3→2→1(ミ→レ→ド)が不安定になりやすいのです。しっかりと「ド」に着地をしてください。

誰ですか?こんなこと言っているのは・・・

ある生徒さん
ブルーノートだからいいじゃないですかぁ(^_-)-☆♪

確かにそういうこともアリですが(笑)

 

3_細かな音符のメロディ

細かな音符のメロディ、特に下るメロディをしっかりと歌えるとカッコイイですよね。黒人音楽(ソウルミュージック)などはそういったフレーズが良く出てきます。

分かりやすいのは、マライア・キャリーのアノ(笑)「マライア節」です。

Mariah Carey – Without You (Live Video Version)

こういった細かな音符から成り立っているフレーズは、YouTubeで速度を遅くして練習してみると研究できますね。1音1音とるのは大変ですが、こういった細かな作業が、カバーやコピーに繋がっていくのです。

▼参考記事はこちら

YouTubeを使って効果的に歌の練習が出来るひとつのやり方
2005年2月、アメリカ合衆国カリフォルニア州で設立された動画共有サービス会社が出来て早くも13年。今では誰もがお世話になったり、これを使ってお仕事が出来ているという動画ツール、YouTubeです。 「YOUTUBER(ユーチューバー)の年収」なんていう事が、平気で載るような世の中になっていま...

▼カバーとコピーの違い

歌の上達・・・ボイストレーニングかボーカルトレーニングか?
ボイトレを習っている皆さんは、担当トレーナーから課題曲を出されて練習することもあるでしょう。 自分のオリジナル曲は、ある意味自分の好きなように歌えます。 他人の楽曲を課題曲にした場合、どう歌うか? 「え?ボイストレーニングって歌うこともするんですか?発声だけかと思いました」...

 

4_メロディと外しやすいインターバルとを把握する

以前、スタッフと

ワンバイブススタッフ陣
外しやすいインターバルはどの度数(ディグリー)なんだろう?

ということを話していました。

  • オクターブ
  • ルート音に対しての4度と6度の音
  • maj7(M7、△7:メジャーセブンス)
  • 5度から3度に下がる音
  • 2度からルート音
  • ルート音に戻る音

などなどいろんな意見が出ました。

外しやすい音というのは、その人の発声の癖なども出てきますので、一概に「コレ!」ということはできないかもしれません

結局のところ、

ドレミファソラシド / ドシラソファミレド

が大切ではないか?との意見に落ち着きました。

ドレミファソラシドという音の階段、半音と全音の組み合わせから出来ている音の並び方を理解し、体で感じる。そして発声できる。

これが基礎の基礎だと感じています。

ピッチの正確さを決める音とは?

では、ピッチの正確さを決める音とは何でしょうか?

今回は、発音面から考えていきましょう。

何故ピッチが外れてしまうのかは、呼吸、発声面からのアプローチとなりますので、このサイトの他の記事を参考にしてください。

口を開けて発声しましょう
ボイストレーニングで、特に発声と発音を絡めたメニューは、唇、舌を使って行うことが多いです。 舌、特に舌根を柔らかくすることは、滑舌が良くなるだけでなく、良い発声を助ける上で大切なことです。 別な言い方をすれば、唇、舌を柔らかくして発音する努力をすれば、発声はそれを応援しようと連動してくれ...
大きな声と通る声
皆さんは、大きな声が良い声だと思っていませんか?特に 声が通らない → だから大きな声が良いと感じる 話すたびに「え?!」と聞き返されてしまうこんな経験のあるあなたにとっては、大きな声は良い声だと考えていることでしょう。ところが、こんな例もあるんです。 大きな声は嫌い。た...

または、教則DVDを観たり、レッスンでトレーナーと行なってください。

ボイストレーニングを1年続けているあなたにとっては、納得できることではないかと判断します。意外と忘れられがちで、言われてみると理解できることです。

まず、意識すべきは母音と半母音

ピッチ感、音が外れているかいないかの確認ができるかできないかは、音の聞こえの度合いによって異なります。

人の耳に聞こえっ安い音と聞こえにくい音を把握しておきましょう。

聞こえやすい音とは、

母音半母音

です。半母音とは、/w/(ワ行の子音)や /j/(ヤ行の子音)渡り音のことです。

日本語の場合、開口音で終わる音が多いため、歌っている時、特に母音に注意をしてピッチを意識してみましょう。

子音でピッチを意識できる音もある

では、子音の場合、すべての子音のピッチは考えなくて良いのか?

というとそうではありません。

子音でピッチを合わせるといった考え方が可能なのは、次の音です。

  1. 鼻音
  2. 弾き音
  3. 震え音
  4. 側面接近音

まず口音以外の音、つまり、鼻音です。鼻音は、発声練習ではハミングとして使われている音ですよね。ピッチは考えられます。

別の記事では、特殊拍の「ん」、撥音、跳ねる音という名前ででてきています。

課題曲 3つの準備でグングン上達!
前回は、ボイストレーニングとボーカルトレーニングの違い。 そして、コピーとカバーの違いを書きました。 ▼前回の内容はこちら これからいよいよ課題曲の分析に入っていきます。 これはですね。 ある3つのプロセスを踏んでいけば、かなり歌いやすくなります...
ボイトレでリズムトレーニング
以前、このサイトでリズムのお話をしたときに、 拍 拍子 テンポ タイミング(ノリ) の説明をして、リズムにはこれら4つの要素が必ずあるということ、皆さんは覚えていますか。 覚えていますかね?(笑) 今回もリズムに関係した内容をお伝...
あなたを「歌うま」に向けて劇的に変えるポイント
日本語は4拍語の嵐です。そういった発話が好きですね。 ブラバン=ブラスバンド 就活=就職活動 歌うま=歌が上手いこと、また上手く歌っている様子 今日のテーマは「歌うま」です♪ 「歌うま」になるためには、歌う準備を考えなければなりません。 歌う準備は大事ですよ♪ ここ...

次に、弾き音震え音側面接近音もピッチを意識できる音です。特に洋楽を歌っているあなたにとっては練習しなければならない音になります。

練習の仕方は、母音とは異なります。何故なら子音だからです。子音は、息の流れが妨げられたり、狭められたりして出てくる阻害音です。

母音や半母音を高音域で出す以上に、子音は喉に負担がかかってしまうからです。

弾き音[ɾ]:日本語の「ラ行」の音です。一瞬、閉鎖されて舌を弾くように発音します。

震え音[r]:瞬間的な閉鎖が繰り返されます。

側面接近音[l]:舌の先を歯茎に付けますが、弾き音[ɾ](日本語の「ラ行」)よりも、くっつく時間が少し長いです。

発声練習で音がとれていても歌で音を外してしまう

発声練習で音がとれていても歌で音を外してしまう理由がコレ‼なのです。

つまり、上記以外の子音はピッチを意識しにくいということです。ピッチを意識しにくいということは高低強弱のアクセントをつけにくいということなのです。

気をつけてくださいね。アクセントは母音にしか付きません。英和辞典の発音記号をよ~く眺めてみましょう。

母音の響きを土台に子音のアタックを考える
アクセントは母音につく 

間違って子音にアクセントをつけようとすると、望まないアタック感が出てしまいます。子音はアタックです。子音のアタックばかりに気をとられてしまうと、息の流れが不安定になってしまうのです。だからピッチも不安定になり音程が外れてしまうのです。

別の気合でお話しますが、中国語の有気音韓国語の激音で歌う難しさがここに出てくるのです。

タイトルとURLをコピーしました